勃起不全(ED)の症状・原因

勃起不全(ED)の症状・原因

 

勃起不全(ED)の症状

日本のED患者数は約1300万人と言われています。4人に1人がEDを患っている計算になります。その数は年々に増加しており、世界先進国の中から見ても日本はED患者の数はトップレベルにあると言われています。EDの症状にも様々で若い人の多くは緊張で勃起できないという理由から30代からは中折れ、勃起の硬さに不満がある、50~60代から勃起の維持ができない等、様々とあります。

ついこの間まではEDは特殊な病気と捉われがちでした、しかしこれだけ増加傾向にある中、もうEDは特殊な病気ではありません。現代病であると言えます。年齢に関係なく誰にでも発症する病です。もし、少しでも下半身がおかしい、違和感があると思ったらEDを疑った方がいいでしょう。早期治療ならEDは治りやすいので早めの治療をするようにしましょう。

 

勃起不全(ED)の原因

勃起不全(ED)の原因

EDの主な原因は心因性ED、器質性ED、薬剤性ED、混合性EDと4つに分けられます。それぞれの特徴をあげていきましょう。

心因性ED

主に精神的な問題が原因で発症するEDです。これは若い年代の人に多いです。心因性EDを発症する主な原因としては、過度のストレス、日常生活での大きなショック(浮気、死別、リストラなど)、過去のセックスでの失敗などが原因として挙げられます。また真面目な人が発症しやすいとも言われています。

器質性ED

血管や神経に様々な障害が起こり発症するEDです。特に大きな原因の1つにあげられるのが動脈硬化による血管障害です。老化は避けられない事実ですが、勃起機能を維持するためには、食生活の偏り、運動不足などから起こる生活習慣病を改善する事が望ましいでしょう。このような動脈硬化などで起こるEDを器質性のEDといいます。

薬剤性ED

服用している薬剤が原因で起こるEDの事をいいます。中枢神経に作用する薬剤、消化管に作用する薬剤などがあげられます。薬剤性EDを引き起こす可能性の高い薬は抗うつ薬、抗精神病薬、抗コリン薬などがあげられます。

混合性ED

器質性ED、薬剤性ED、心因性とが2つ以上、混在したEDの事をいいます。治療についてはこの中でも一番困難とされていて、慎重に対応し特定しないといけません。主に年配の方に多く見られます。

このようにEDの原因と言っても様々な種類があります。EDは早期治療が一番効果的なので早期発見するようにしましょう。これらを見て分かるように日ごろから生活習慣を気にする事がとても大切だという事が分かります。食生活、適度な運動をする事でかなり改善が見込めます。運動する時間がないという人には通勤の途中でもエレベーターを使用せず階段を利用するなどするようにしましょう。そういった些細な事の積み重ねが大切なのです。

 

ED治療薬で改善

ED治療薬で改善

先にも述べたようにED治療は早期治療が一番効果的です。少しでも変だな?と思った時はEDを疑いましょう。ED治療薬ももちろん早期治療にとても効果的です。もし、違和感を感じるような事があればシアリスタダシップなどの薬で先手を打ち改善していくのがいいでしょう。例えば最近、朝立ちをしなくなった、勃起の硬さが昔に比べてなくなった等、そういった事があるようなら早めに治療をした方がいいでしょう。

病院で改善

病院で改善

病院でのED治療も早めに受診した方が良いでしょう。しかし、EDなどはとてもデリケートな部分です。もし、通院していることを知人に知られたら、などそういった事を考えたらなかなか行けないものです。しかもEDの治療は保険適用外になるので治療費もやはり高くつきます。本格的な治療となるとED注射、ED手術は費用も高額になります。

正直、ED手術はかなりのハイリスクなものとなります。手術をしたからと言って確実に治るという保証はどこにもありません。もちろん手術も保険適用外なので高い治療費を取られてしまいます。ED手術で代表的なものはICI療法という注射です。ただし、この方法は一時的な治療法です。効果時間は1~2時間で薬剤の力により強制的な勃起をさせるためのものです。さすがに治療とは言いづらいものです。

インターネットが普及した現代ならEDの発症、原因などとそういった知識はすぐに得られます。また通販でシアリスやタダシップのようなED治療薬は病院で購入するより安い値段で簡単に購入する事ができます。

EDの治療は1人でできます。それは本人の治したいという意志、そして正しい知識、自分に適したED治療薬が必要です。生活習慣を見直しましょう。野菜、大豆類を中心とした食生活へ。適度な運動をしましょう。通勤中に1駅分歩いてみる等、そして定期的にED治療薬を服用する事が大切です。またED治療薬があるという事で持っているだけで心因性EDにも効果を発揮するでしょう。