禁煙に効果のある方法・メリット

禁煙に効果のある方法・メリット

効果的な禁煙方法

効果的な禁煙方法にチャンピックスや二コチンガムなどがあります。しかし禁煙と一口に言っても喫煙者に取ってはそんなに簡単にできるものではありません。喫煙暦が長ければ長い程困難であって、いくら禁煙したからと言っても「ニコチン依存症」というものにより、すぐに「タバコが吸いたくなる」といった誘惑がやってきます。いくら強い意志をもっていてもこの誘惑に打ち勝つ事はかなり困難な事なんです。

 

ニコチン依存症

血中のニコチン濃度がある一定以下になると不快感を得て、喫煙を繰り返してしまう精神疾患者のことをいいます。具体的にニコチン依存とはどういった状態なのか?タバコの煙を吸い込むと脳の中で様々な神経細胞が化学物質を作り、それを別の神経細胞が受け取る事でで色々と情報が伝達されていきます。その時に作られる伝達物質の動きを刺激するのが、ニコチンです。

神経細胞が作り出す伝達物質には、気分高揚や覚醒に作用する「ノルエピネフリン」と記憶力が高まる「バソプレシン」、集中力を向上させる「アセチルコリン」、緊張を和らげる「βエンドルフィン」といったものがあります。つまり、ニコチンがこうした物質の生成と活発な動きを刺激するために、タバコを吸うと頭の中がスッキリした感じ、すなわち覚醒した状態になるというわけですが、これは錯覚です。

一時的に物事に集中できたり、空腹も抑えられますが、体内からニコチンの量が減ると神経がニコチンにより刺激されていた時と全く逆の症状を見せるようになります。その状態が不快、倦怠感を伴う離脱症状といわれるものです。めまいや頭痛などがしたりします。全てはニコチンから引き起こされるものです。禁煙する事はまずはニコチン依存からの脱出をするという事でもあります。

 

禁煙のメリット

禁煙のメリット

貯金ができる

禁煙する事はメリットばかりです。まず一番に上げられるのは今まで掛けていたタバコの費用が掛からない。出費が減ります。1箱500円もかかっていたんです。1日、1箱吸う計算で1年間に掛かるタバコの費用を計算します。

  • 500円 × 一ヶ月(30日) =15,000円
  • 15,000円 × 一年(12ヶ月) =180,000円

1日、1箱を吸う計算でも1年間で180,000円もタバコに消費していたんです。禁煙する事でこの費用が浮くと思えばかなりのメリットになると思います。禁煙するだけで貯金もかなりできるかと思います。

食事を楽しめる

味覚や嗅覚が敏感さを取り戻します。良くタバコを止めるとご飯が美味しく感じると言います。ニコチン、一酸化炭素というタバコのダメージから血液・血管・肺などの体の各部分が回復し、味覚や嗅覚が正常になっていき、食事がおいしく感じられるようになります。また最近の飲食店では全席禁煙のお店が多くなってきているので喫煙者にとっては更に風当たりが強くなっていくでしょう。

寝つきが良くなる

ニコチンには覚醒作用がありますので当然、寝る前に吸うと寝つきが悪くなり、そして睡眠の質も低くなります。禁煙する事で睡眠の質もかなり上げる事ができます。寝つきが良くなるという事は目覚めも良くなります。生活の質が上がるというわけです。

髪が綺麗になる

タバコを吸うとビタミン不足、血行不良により髪の質が悪くなり、そしてまた抜け毛も多くなります。タバコをやめる事で自然なつやを取り戻す事ができます。特に髪について悩みを持っている人、抜け毛が気になっているという人は禁煙をした方がいいでしょう。

 

禁煙の離脱症状

禁煙の離脱症状

これらのメリットを見ても分かるように禁煙には良い事しかありません。だからといってすぐに禁煙はできるものではありません。禁煙をすると離脱症状が出てきます。この離脱症状というのは大まかに頭痛やめまい、手足が震えたり、イライラ感、動悸などといった症状が出てきます、いくら禁煙しようと強く思ってもこの離脱症状から抜け出す事ができずに禁煙できない人が多いというのが現状です。

 

禁煙外来

禁煙外来

ここで禁煙外来で禁煙するという手段があります。自分1人で禁煙するのは難しい、医師の診断を受け適切な治療薬を処方してもらい禁煙のサポートを行ってくれます。しかし、禁煙外来はある条件をクリアしないと保険が適用されません。

  • 前回の治療の初回診療日から1年経過している事
  • ニコチン依存症の判定基準テストにおいてスコアが5点以上である事
  • 「1日の喫煙本数」×「喫煙年数」が200以上である
  • 1ヶ月以内に禁煙を始めたいと考えている
  • 禁煙治療の参加同意書に署名できる方のみとなっております。

この条件をクリアしないと保険の適用を受けられないので費用は高くついてしまいます。

 

禁煙の費用

禁煙の費用

禁煙外来で保険が適用をされたとして費用は治療薬により変わりますが、12週間の治療(自己負担額3割)で大体、30000円程度と言われています。もちろん治療薬の値段は含まれていないのでこれに薬代が加算されます。診察料、処方箋料で大体で60000円程度になります。自由診療の禁煙外来でしたら一切、負担がありませんのでこれ以上、費用は掛かります。

費用を掛けずに禁煙をしたいと思う人は通販でチャンピックスを購入する事をお勧めします。禁煙外来でも大体はチャンピックスを処方されます。通販を利用する事で禁煙の費用は抑える事ができます。またチャンピックス以外にも禁煙補助薬などといったものもあるので是非、利用する事をお勧めします。

禁煙補助薬チャンピックスの詳細はこちら

チャンピックス